JOURNAL

MIKI* Rollei Life Photo Exhibition


みなさん、こんにちは。

今日は写真展の報告をさせてください。

10/20からスタート、9日間のRollei Life Photo Exhibitionを

無事に終えることができました。

初日からたくさんの方々のご来場に

胸がいっぱいになりました。

1年半の時間をかけて想いをカタチにできたこと

心からありがとうございます。

学芸大学にあるBOOK AND SONS 書店の佇まいも素敵なんだけど、

ギャラリーの入り口もとっても好みでイメージにぴったりでした。

今回の展示はFull Size Imageの代表、プロデューサーの川田さんが

自ら設営をしてくれました。

写真集にこだわってしまったので制作費が大幅にUP、

連日作業に追われる日々の中、いっぱいいっぱいで展示への余裕はなかった。

基本、私はなにをするにも全力でかかわりたい性格ですが、

展示を、この1年半、私の想いに気持ちを重ねてくれたチームにお任せして

改めてよかったと思っています。

 

フレームは川田さんがRollei Lifeのイメージに合わせて木製のスリムな黒を別注、

写真は京都でプリントをお願いしてくれて。

素晴らしいクリエーターのみなさんとご一緒できた1年半は、

私にとって人生の財産になりました。

美しい色彩、プリントにも驚きました。

旅した時間、心を込めて閉じ込めた瞬間が見事に再現されてる!

ギャラリーの中央に写真集、制作時の原稿、私のRollieに旅友Timberもね。

みなさんが写真集や何度も綴り直した原稿を見てくれてる光景も

私にとってタカラモノです。

仕事に向かう電車の中で綴りながら寝落ちしたこともね、いい思い出。

写真展に来てくれたみなさんが、展示を見ながら

私のイメージにぴったりと話してくれて何より嬉しかった。

展示写真すべてをプロジェクトチームが選んでくれました。

3874枚の中から選んだ写真たちはどれもタカラモノ。

そんな写真をたくさんの方々に見てもらえて光栄でした。

心からありがとうございました!